自動車保険と安全技術

ヘッドアップディスプレイはこれからの標準装備になるのかな?
ヘッドアップディスプレイはこれからの標準装備になりそうな勢いですね。マツダの新しいアクセラも装備しているし、カーナビを作っている各社も大小いろいろなサイズで試作品を展示しています。
最初に発売したのはカロッツェリアがサンバイザーに取り付ける形でカーナビと連動するものでした。
あまり大きすぎると、視界の邪魔になるし、小さすぎると見にくいしで、サイズや設置場所など、なかなか難しいところだと思います。その点、新型アクセラのように純正で付いていると、ベストポジションに納めることができるのでちょうどいいですね。基本的には視線移動を減らすため、というのが目的なので、フロントガラスに近い場所がいいんですよね。
このHUD、物理的に設置できるかどうかもありますが、車両保安規定で視界の確保や死角を作ってはいけないという決まりがあるので、適当に作ってはダメなんです。パナソニックが自社製品の取り付け可能車両を確認するときは、これらの決まり事も全てクリアしたもののみを取り付けOKとしているとのこと。視界を邪魔しないようにするにはそれくらい気を遣わないといけないんですね。